ニュース

【プレスリリース】スポットワークの健全な発展を推進、多様なはたらき方の定着へ向け、「一般社団法人スポットワーク協会」を設立

はたらく個人と利用企業の保護、資格認定や教育等による品質向上を図る

 総合人材サービスのパーソルグループでスキマバイトアプリ「シェアフル」を提供するシェアフル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大友 潤、以下シェアフル)は、スポットワークの健全な発展を推進し、多様なはたらき方の定着とそれによる国民生活の充実に質する存在となることを目的とし、スポットワークプラットフォームを保有する各事業者共同で新たに「一般社団法人スポットワーク協会」を設立いたします。これにともない、当社代表取締役社長 大友潤が理事に就任したことをご報告させていただきます。


■スポットワークとは

 スポットワークとは、短時間で単発、短い時間と期間だけはたらき、「継続した雇用関係」のないはたらき方を指します。その中でも、雇用契約を結ばない“ギグワーク”と、単期雇用契約を結ぶ“単発バイト”の2種類に分類されます。

 コロナ前300万人に届かなかったスポットワーカーは、コロナ禍を契機に急増。2025年には500万人を超えると予測されます。

■背景・課題

 シェアフルでは、飲食・デリバリースタッフやコンビニエンススタッフ、倉庫等の軽作業スタッフだけでなく、コールセンター等のオフィスワーク業務や試験監督業務など幅広い職種に対応しており、1日単位の就業から長期就業における「募集」「採用」「労務管理」まで一気通貫でサービスを提供しております。現在、アプリDL数は115万を突破し、ご利用企業数も1年で3倍以上に増えるなど、急速にマーケット拡大が進んでいることがわかります。

 スポットワークへの需要が高まり、あらゆる業態の事業者が活用する機会が増える中、求人や労務知見の少ない非求人事業者からの参入も増加傾向にあります。

 また、はたらく個人の待遇が不安定なことや、個人事業主か労働者か不明瞭なビジネスモデル、オンライン上での人材マッチングゆえに発生するトラブルなど、多くの課題が存在しているのが現状です。

 これまでシェアフルは、人材紹介サービスの品質向上、労務代行サービスや給与即時払いサービスの提供を通じ、労働市場全体の活性化・課題解決を目指してまいりました。

 今回、新たにスポットワークプラットフォームを保有する各事業者共同で当協会を設立し、はたらく個人・利用企業の保護や、増加傾向のプラットフォーマーの適正化へ向けた整備などを行うことで、より一層労働市場全体の活性化・課題解決へ寄与することを目指してまいります。

■一般社団法人スポットワーク協会について

協会の理念・目的

スポットワークの健全な発展を推進し、国民の幸福度向上へ寄与する

 当協会は、スポットワーカーを取り巻く環境の調査及び研究を行うとともに、労働行政に協力し、また関係機関及び会員相互の緊密な連絡協調をはかり我が国におけるスポットワークの健全な発展に寄与し、多様なはたらき方の定着とそれによる国民生活の充実に資する存在となる。

体制

(順不同、敬称略)

役割氏名プロフィール
代表理事米田 光宏㈱ツナググループ・ホールディングス 代表取締役社長
理事鎌田 耕一東洋大学 名誉教授
上土 達哉LINE㈱ HRサービス事業部長
大友 潤シェアフル㈱ 代表取締役社長
武井 繁HRソリューションズ㈱ 代表取締役社長
監事中野 雅之弁護士 岩田合同法律事務所
事務局長後藤 一重㈱ツナググループ・ホールディングス 経営戦略室長

事業内容

1 スポットワークに関する調査研究及び統計等の作成
2 スポットワークに関する調査研究結果の刊行
3 スポットワークに関する意見の公表及び国会その他関係機関に対する意見の開陳労働基準法その他労働関係法令の施行に対する協力
4 スポットワーク業界の調査及び研究並びに広報事業
5 スポットワーカーと雇用者側とのトラブルの防止及び発生時の相談に関する事業
6 スポットワークプラットフォームの規格化と認証、その他適正化関係に関する事業 等

 前述のスポットワークにおける現状の課題に対し、下記①~③の観点から、法整備に向けた政策提言、適正な就業管理等の啓発促進、資格認定・教育等による品質向上・担保に向けた施策を行ってまいります。

■就任コメント:シェアフル株式会社 代表取締役 大友潤

 個人のはたらき方は、時代の流れに先行して変化・多様化し続けております。その象徴とも言えるスポットワークは、誰しもが始めやすく非常に柔軟性の高いはたらき方です。スポットワーク協会の活動を通じ、スポットワークというはたらき方が一般的なものとなるよう、同業他社の皆様と共に邁進いたします。

「シェアフル」の概要

シェアフルは、「スキマ時間を価値に変える」を掲げ、「スキマ時間に働きたい個人」と「この日・この時間だけ働いて欲しい企業」をつなぐ短期人材活用プラットフォームです。個人は、アプリから働きたい条件の求人を探し、面接や履歴書なしですぐに応募・就業することができます。企業は、Webから即時に1日単位で求人掲載できるので、すぐに人材を採用することが可能です。また、就業条件明示・勤怠管理・給与計算・給与振込代行など労務関連業務をシェアフル上で一元管理することができます。現在、アプリダウンロード数が1,150,000件を突破(2022年2月現在)。販売系や軽作業系をはじめとし、ExcelやPowerPoint等、オフィスワークで利用できるスキルを保持しているなど、多様な就業経験とスキルを持ち合わせたユーザーが多数登録しています。 

■シェアフル株式会社についてhttps://sharefull.com/

シェアフル株式会社は「スキマ時間を価値に変える」をビジョンに、パーソルホールディングス株式会社とフリーランス総合支援プラットフォームを提供するランサーズ株式会社が2019年1月に設立した合弁会社です。短期人材活用プラットフォーム「シェアフル」を提供することで、労働シェアリング市場の拡大を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。